2018年 1月 30日 (Tue) ルーター修復と冬コミの感想

 ルーターが壊れて、何とか復旧した、はず。
 ただ、『壊れた』という認識が正しいのか? という疑問がある。最初ネットに接続できなくなって『壊れた』と考えた。もうルーターは10年近く使ってる物だから壊れても不思議は無い。けどその後再度ネットにつながるようになった。重要なのは、家の中でネットを見る側は動作しているが、外からこのページを見る側が動かなかった事。最近スパイ文書とかコミンテルン関係の事を書いていたので、実は攻撃を受けていて、外からページにつながらない事に気付きにくくするために中から外が動く状態にハッキングしたのではないか? という疑問があった。
 壊れていたならルーターをつないでいてもしょうがないし、乗っ取られているのなら危険なので、とりあえずルーターを外して、スマホ経由でpixivにルーター壊れましたって書いたのがこの辺り。

 で、12月下旬ごろ中古でルーター買ってきて新しくしたのだけれど、これがすぐに動かなくなる。ので、攻撃を受けているかどうかを探るために色々と確認していたわけです。CiscoのRVS4000という機種なのだけど、調べてみると中身が中国製でバックドアが仕込まれている物らしく、攻撃されているなら即死だろうなぁ、と思って。
 ネットにつなぐだけでページを公開しなければ動く。ページを公開してもIPアドレス直指定でなければつなげない状態だと動く。つまり内外から通常のアクセスをする限り正常動作する。しかしupga.infoの名前でページにつながる状態にするとルーターが止まる。
 という訳で、どうもうちのページは攻撃を受けているらしく、また攻撃者はurlで見ているらしい。

 というわけでCiscoのルータもはずし、別のルーター買ってきてつなぎ直しました。これで安定してくれるといいけど。まぁ本気でセキュリティを考えるならページの作り直しが必要なんだけど。

 何より嬉しかったのは攻撃を受けているという事実。スパイ文書とか調べていると、どうしても『証拠が無い』という壁にぶつかる。だから、◯◯の可能性がある、とか、◯◯だと矛盾が無い、といった事しか言えない。『尊師が祈りを捧げているから富士山が噴火しないんです』という言い方だって矛盾は無いし、可能性は0では無いんだよね(限りなく0だけど)。だから自分が調べたり考えたりしている事って本当に意味ある事なんだろうか? という疑問がずっとあった。他の人に言っても陰謀論と決め付けられたしね。攻撃を受けたという事は、攻撃者にとって都合の悪い情報であるという事。だから、自分が調べている事は結構筋が良さそうだ、という事になる。ちょっとだけ自信が持てた。

 そもそもおいらのページにアクセスできなくする事で困る人は妊婦フェチの人しかいない。月に最大1000アクセスくらいしか無いんだから、世論を動かしたりはできない。まぁCIAとかに情報が流れるのを阻止したいみたいなのがあるのかもしれないけど、それもページにアクセスできなくする事では止められない。ようにしている。はず。
 おいらの雑記はiPhoneで書いて、更新時にPCに送るためにgmailを経由している。だからもしCIA等がおいらの雑記に興味を持っているとしたら、gmailを監視していればいいだけで、このページにアクセスできるかどうかはあまり関係がない。Googleって多分そうした情報収集のための機関でしょう。
 だから、共産主義者が敵の場合はあまり不安じゃないけど、ユダヤ人が敵の場合は少し気をつけないといけない。まぁ、Google内部はゴッチャなんじゃないかという気はするけれど。

 攻撃され始めた時期を考えると、前回か前々回の内容が重要なんだろうね。

 ニコニコ動画や角川もアタックを受けてるようなので、オタク文化に対するサイバー攻撃が本格化してきた、という事なんだろうか。


 コミケの思い出とか。
 ホワイトドロップさん(だったと思う)にボテ腹スケブお願いしたらサムズアップされた。昔ひざつき泣き出し堂さんにお願いした時もサムズアップされたのだけど、ボテ腹絵師としてはスケブお願いされる時に自分の性癖を求められるのが嬉しいのかもしれないね。
 最近夜光幼性さんの打ち上げに参加させてもらっているのだけれど、冬コミは冬宮の人も参加していて、個人的に盛り上がった。時々ボテ腹描く人なので時々しか買いに行って無いのだけど、ボテ腹好きなのかなと話を振ってみたらかなりガチ勢だった。お腹が大きくなって後戻りできない感じがイイ、とか、乳首は黒いほうが、とか、乳垂れる、とか、帝王切開の痕がある幼女描いてますとか。
 なんか話してると、ガチの妊婦フェチな人かなと感じた。妊娠というシチュエーションが好きなだけの人は、乳首が黒くなったり乳房が垂れたりする妊婦特有の身体の変化はあまり好きではなくて、ピンク色の乳首とか垂れていない旨とか、女性として魅力のある身体を好んだりする。妊娠した結果、女性としての身体の魅力を減少させる方向の変化を語れるのは本当に妊婦好きな人なんだと思う。
 でも表紙からボテ腹だと委託を断られるのだとか。描きたくてもかけないのだとしたら何とかしてあげたいけれど、おいらはサークルやってないからなぁ。委託受けてもいいボテ腹サークルさんがこれ見てたら、冬宮(冬嗣)さんにちょっかい出してあげて。

 夜光幼生の瑞樹さんとも話すのだけど、ボテ腹ネタを描くこともあるけど常にではない、という人は、ボテ腹を描き続けて良いのか?という迷いがあるみたい。ボテ腹ジャンルでも壁サークルやシャッター前まで人気がでたサークルもあるので需要がない訳ではないはずなのだけど、客層は違うから、ボテ腹ネタ特化は後戻りできるタイプの選択じゃないよね。好きなら描いて欲しいんだけどなぁ。まぁこれは、どう頑張っても自分は自分以外のモノになれないし、自分が好きなことを嫌いにもなれないって事に気付いてくれるのを待つしかないのかな。

 今日の落書きそにょ1 習作
 普段なんとなく立っているだけの絵が多かった気がするので、同人誌の表紙のような構図にチャレンジしてみた。が、うまくいかなかったかも。とにかく大きなおなかをした幼女が描きたかっただけ。

 今日の落書きそにょ2 半脱ぎ
 そのままボテ腹Hに突入できる女の子たちです。こちらも構図の練習。
 左側の娘はおいら的に至高の体型なのです。強く抱きしめただけで折れてしまいそうなほど華奢なのに、破裂寸前まで膨らんだお腹は体をへし折ってしまいそうなほどの重量感がある、そんな体型。立って歩くだけでやっとなんじゃって感じで、支えてあげたい的な保護欲そそられるのです。
 ただ今回はまぐれ当たり。こんな感じの子をコンスタントに描けるようになれるとよいのですが。

 ご意見、ご感想などはこちら。
お名前: タイトル:
URL:  色:   


  無題
投稿者:瑞紀   2018/2/2 (Fri)

最近なんとなく思うのですが良く描くジャンルによってサークル名とかPNを変えてる人がいるけど
あれは客層を考慮してそうしてるんだな〜とか思ったり
まぁウチの場合は基本ポテ腹になんですが悲壮感のある場合とま、いっか!程度のギャグ調になることがあるので
そこで別れる部分はあるかもしれない
あと今回二次創作をしたんだけどやはり普段からオリジナルだと二次創作とはまた客層が違うのかもしれないと思った!
二次創作するならpixivとかtwitterとかでそれなりにフォロワーを増やさないとダメというのがここ10年の傾向なんですねぇ