* P A N *
ディ○ダグ的な戦略シミュレーション

完成予想図

←PANの完成予想図

 自分のチームの女の子を動かし、相手チームを破るゲーム。
 攻撃方法は、相手のお腹を膨らまし、破裂させること。
 相手チームのリーダーを倒せば勝ち、自分のチームのリーダーがやられたら負け。

制作進行度:アイデアのみ

ルール
  • 各キャラクターは、1ターン内に三歩程度移動できる。
  • 膨腹度があがると、移動歩数減少や攻撃不能などのペナルティを受ける。一定以上膨腹度が増加すると、腹部破裂の状態となり行動不能となる。
  • リーダーが行動不能になると、ゲームの負けとなる。
  • 移動終了時に、隣接マスにいるキャラクターに対して攻撃することができる。攻撃を行うと、攻撃をするキャラクターは攻撃中の状態に、攻撃を受けるキャラクターは被攻撃中の状態になる。
  • 攻撃中は移動できない。移動を行う場合は、攻撃中の状態が解除される。
  • 攻撃中の状態で、さらに攻撃を選ぶと、対象となるキャラクターの膨腹度を増やすことができる。
  • 被攻撃中の状態では、移動も攻撃もできない。攻撃中状態のときは、他からの攻撃を受けた時点で解除される。
  • 自分のターン開始時に被攻撃中の状態でなく、相手ターンの終了時に被攻撃中の状態に無かった場合、膨腹度が下がる。

膨腹度とキャラクターの状態


標準状態
 開始時のキャラクターの状態で、膨腹度は0。
 これ以上膨腹度が下がることはない。
 当然、移動歩数の減少や、攻撃不可能などのペナルティはなく、もっとも基準となる状態。
まだ平気状態
 ちょっとだけお腹を膨らまされた時のキャラクターの状態。
 移動歩数の減少や、攻撃不可能などのペナルティはない。
 被攻撃状態でなければ、標準状態と同じように行動することができる。



大きなお腹状態
 お腹が膨らまされて十分に大きくなったキャラクターの状態。
 大きくなったお腹が行動力に影響し、移動歩数に−1のペナルティーがつく、攻撃は可能。(または攻撃の成功率が1/2)


パンク寸前状態
 お腹が膨らみすぎ、パンク寸前になっているキャラクターの状態。
 お腹がパンクしないように気を遣うため、移動力は1。
 武器となる膨腹器を構えることができないので、攻撃は不可能となる。
 移動も攻撃もほとんどできない状態なので、チームの他のメンバーの助けを必要とするだろう。
腹部破裂状態
 膨らまされたお腹が限界を超え、お腹がパンクしたキャラクターの状態。
 この状態は行動不能となり、ゲームに対して干渉することができなくなる。
 この状態になると、膨腹度が下がることはない。このキャラクターはゲームから除外されることになる。
 なお、この状態になったキャラクターがチームのリーダーであった場合、そのゲームは負けとなる。

その他
 キャラクターごとに個性が出るわけではないので、マップとかを考えないと、単調なゲームになってしまいそうな気がします。もっとも、お腹が大きな女の子が活躍する、単純で簡単なゲームを目指したいのですが。
 お腹がパンクしちゃうと痛々しいので、他にうまいことゲームから退場していただく方法があれば、そちらに変えるかもしれません。

top page