* プレジャーランド *
お腹を膨らましながら進むアクションゲーム

 とりあえず、イメージを書いておきます。ちなみに、アクションゲームの予定です。

 主人公の女の子は、お腹を大きくするアイテムをとって、お腹を大きくします。各ステージでは、一定以上お腹が大きくないと、次のステージに進めない仕掛け(多分扉とかそいうくの)があります。

 お腹を大きくするアイテムには、3種類あります。お腹を大きくするだけのやつ。お腹を大きく、重くするもの。お腹を大きく、軽くするものの3種類です。

重いお腹1  お腹を重たくすることで、全体の体重が重くなり、結果として耐久力のある敵なんかも、踏みつけて進むことができます。また、一定以上重たくないと、動作しないスイッチなんかも押せるようになります。
 そのかわり、体が重くなることでジャンプ力が落ちたり、移動が遅くなったりします。

重いお腹2













 お腹がよりいっそう重たくなれば、もろい床を砕くことができます。それまでいけなかった場所に行けるようにもなりますが、壊れやすい橋などを渡ることができなくなります。
 できれば、どのくらいの重さで、どのくらいの高さから床に落ちたときに壊れるかってとこまでこだわりたいですね。

軽いお腹1  お腹が軽くなれば、高いところにジャンプすることができます。それを利用して移動したり、アイテムをとったり、あるいは敵をかわしたりすることができます。

軽いお腹2

 そしてお腹を軽くしつづければ、それによって宙に浮くことも可能になります。これによって、足場の無いような高いところにもいくことができるようになります。もっともイメージ画像のように、64チックなゲームにはできないと思いますが。

重いお腹3

 でも、調子にのってお腹を大きくしていると、とっても困る状態になります。
 めいっぱいお腹を重たくしたあと、クリアー条件の扉より下に行ってしまったらどうでしょう。そこまでジャンプしなければならなかったとしたら、とても重たいお腹では届きそうもありません。
 あるいは、床を壊して谷底へまっさかさま、なんてこともありそうです。
軽いお腹3











 あるいは逆に、お腹を軽くしすぎると、下に向かうことはできなくなります。扉より上に行ってしまえば戻ることはできなくなるでしょうし、もし”つらら”のようなものが上にあったとしたら・・・お腹は見事なくらいパンクしちゃうことでしょう。


 お腹が大きいとつかえて通れない通路なんかがあると、重い、軽いにかかわらず被害を受けることになります。
 そしてなにより、お腹が限界まで膨れているときに、扉の前にアイテムがあったりしたら・・・クリアできないっす。

 とゆー、アクション要素だけじゃなく、パズル要素も加わったゲームにできるんです。楽しそうでしょう?


 勢いあまって、イメージBGMなんか作っちゃいました。

 FM音源で、しかもRPGツクール用のデータというあんまりな状況なんですが・・・
 ほんとはMIDIに変換しようかとか考えていたんですが、

 RPGツクール用の再生プレーヤー。
 しかもソフトウェアFM音源 Σ( ̄□ ̄
 ヤりすぎ・・・
 つーわけで、聞きたい人はこのマーベラスなソフトを月兎しちくり。
 まぁモノホンのFM音源で聞ける人はそのほういいけど・・・

top page